和歌山県立医科大学第1外科

HOME > 病気と治療のコラム > 心臓弁膜症について

心臓弁膜症について

 

 心臓には4つの部屋が有り、血液が逆流しないようにそれぞれの部屋の出口に弁がついています。その弁が形態的、機能的に変化をきたす疾患を心臓弁膜症と云います。なかでも頻度の高いのが大動脈弁、僧帽弁の2つです。

 それぞれの弁にリウマチ熱(子供の頃に罹患)や変性疾患や動脈硬化などにより変化が生じ、狭窄(弁がうまく開かない)、閉鎖不全(弁がうまく閉じない)などの状態となります。すると心臓に負担がかかり、いわゆる心不全と云われる状態となります。当初は、内科治療を行いますが、弁の変化が強くなると内科治療では対処できなくなり、外科治療の適応となります。

 弁膜症の外科治療は、変化をきたした弁を修理したり(弁形成術)、新しい弁に取り替えたり(人工弁置換術)する治療法です。最近はできるだけ自己弁を温存し修理する術式が主流となっており、当科でも積極的に取り組んでいます。また、人工弁置換術においても患者さんQOL(生活の質)を考え、その方の病態や要望に合った人工弁(機械弁、生体弁、ステントレス弁)を積極的に選択しています。

 

コラムリスト
 
ライン

↑Top

病院案内

アクセスマップ